PREP法で
わかりやすく論理的に
話せるように

今すぐはじめる 試してみる

PREP法とは

「PREP法」とは、分かりやすい文章や説明の構成を作るための文章構成法です。
最初に結論を伝え、次にその理由を説明、事例で理由を補強し、最後にもう一度結論を述べる構成です。

P
Point
(結論)
面接でうまく話せない場合、まずは「話し方」を練習してみましょう。
R
Reason
(理由)
自分の印象や話の分かりやすさなど、複数のことを同時に意識してマルチタスクになっている可能性があるからです。
E
Example
(具体例)
では、どう練習するか。PREP法という、結論、理由、具体例、結論の順に話す方法を練習して「分かりやすい話し方」を無意識にできるようになりましょう。
P
Point
(結論)
無意識に「分かりやすい話し方」をできるようになれば、「話す内容」により集中できるようになります。

ご利用の流れ

1質問を選択

練習したい質問を選択して「次へ」ボタンを押してください

2回答を録音

「録音スタート」ボタンを押すと面接官があなたに質問します。結論・理由・具体例・結論の順番で回答してください。

3振り返る

録音した音声を振り返って課題を見つけ、PDCAサイクルを回しましょう!